読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分

ゆっきゅんオフィシャルブログだよ

ジェジェジェジェンダーレス



当たり前の話をします。

「君みたいなかわいいファッションを楽しむ男の子が増えてきてるけど、源流は誰なんですか」というような質問をされた。ジェンダーレス男子の話だね。

この人が、というのはこれまでもこれからも特にないと思います。男性にかわいいファッションが流行っていると言うと少し語弊があると思うし、いつか終わってしまう一時のブームであってはならない。なぜならぼくは誰かのファッションを真似してこうしてフリルのブラウスを着ているわけではないから。ジェンダーに縛られることなく自分らしく生きるということが 以前よりも受け入れられやすくなってきて、その結果かわいい服を着たい男の子たちが自分の好きな服を着るようになったり、メイクをするようになったりしている。誰かが源流となって「あの人になりたい」というわけではなくて、男性の身なりにも自分らしさがやっと尊重されだした、ということだと思います。

みなさんご存知の通りジェンダーというものがあります。社会に求められる性的役割のことです。男は仕事、女は家庭、男の子なんだから、女の子なんだから、それらはすべてジェンダーバイアスです。ぼくが幼い頃から好んできたものは男性が好むとされているものではありませんでした。だからオカマ扱いされたり、お前なんか男じゃないと同級生に言われたりしていました。それでもぼくは自分じゃない男らしさを着ようとはしなかったし自分を殺すことはしませんでした。だからワンピースとか、着ちゃうよ。似合うし。

ジェンダーレス男子はファッションの流行ではなく そのまま 男性の 男性らしさからの解放運動になってくれるといいなと思っています。というか、なると思う。ジェンダーレス男子が流行るということは、これまで着られなかった(着てはいけないと思っていた)服を着られる男の子が増えていくということ、最高だよね。

少しずつ、少しずつ、好きなものを好きと言いやすい時代になってきているのだと思うから みんな何でも飛び越えて生きていけるようになったらいいよね。まだ彼らは珍しい存在なのでジェンダーレス男子 とひとくくりにされているけど、1番カテゴライズされるべきでない人たちだと思うし全員ジェンダーレス人間になればいいと思っているからいつかはジェンダーレス男子って言葉も消えるといいな。

f:id:temee:20160409235301j:image

ジェンダーレス男子のブームに特に乗っかってないしジェンダーレス男子を名乗る気もないゆっきゅんが失礼しました。