読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分

ゆっきゅんオフィシャルブログだよ

山の向こうの海に言い伝えられる神話があり、それを信じる子どもがいた。

8/8

f:id:temee:20160810070133j:image

今年1番気合の入った撮影だったかもしれない。去年は高校時代の制服を着て海へ行き、ノスタルジーを作った。あの頃のぼくは男子高校生になりたかった。写っていたのはきっと誰にとっても自分自身の、自分だけの話だった。今年も海に行こう、去年とは違う海と自分が見たいけどどうしようかと考えていたところで苅澤さりかさんのブランドwhitelillyのお洋服を貸していただけることに(ありがとうございます)。お洋服のインスピレーション、海、夏、自分、ミスiDなどを関連づけて撮影のイメージを膨らませていく。ベボベPERFECT BLUEが見る宇多田ヒカルのBeautiful Worldで、そしてこの星で生き残るのだな、などと思っていた。撮影の村社さんに加えてゆっきゅんのもはや何でも屋さん(ありがとうございます)をしてくれているハルヒちゃんも来てくれることになりアーアー楽しみ、遠足前日の子ども朝5時就寝。

渋谷に集合、絶対に今まで以上のものを残すって意思が強い人しかいないので良い。昨年の思い出話を終え、海に着いて衣装に腕を通すと、強くなれた気がして、しかしそれは変身ではなく自分自身のままであるというのが嬉しかった。さりかさんの魂の祈りのようなものを身体に帯びる感覚。

f:id:temee:20160810070400j:image

海には浜辺のイメージしか抱いてなかったけれど、でけえ岩があって草原があってキタなコレと思う。海は澄んでいた。撮影が始まると何よりも図像が強く、設定とかよりも皆「そこに在る美しいものをよっしゃ撮る」のモードに入っていたようだった。土曜の死にてえの気持ちも数分前の化粧ノリが悪いマージで無理ヤダアの気持ちも海に流れて寄せては返す快楽の波、全能感の高波よ。どこまでもお姫様でごめんなさい。アスレチックを避けて生きてきたから子どもの頃に木登りだってしたことないのに気づけば裸足でゴツゴツ(痛いよ)の一番高い岩の上に立っている。全て最高だと思った、これがしたくて生きてるんだと思った。親指から血が出ていたのも気付かないまま、もう撮れたのに、太陽の沈み出した空と海を眺めていた。

f:id:temee:20160810070518j:image

うまく撮れなかったけど日の入り目前、撮影も終盤となった頃に空がオレンジ ピンク 紫 水色 になってたのに感動して「見て!空がオレンジピンク紫水色、たくさんの色があって海もピンクですごい、これすごいよねえねえねえ」って言ったら「小学生かよ😅」と言われたけど、小学生ばりの純を手に入れられるほど大変に筆舌に尽くしがたい世界の様子であり、「あゆは空が綺麗すぎてつらいみたいなのよく歌ってきたけどこーれーのーこーとー?」って感じだったな。

f:id:temee:20160810070549j:image

タイ人のいないタイ料理オシャカフェで写真を見ての自画自賛の戯れ言
・山の向こうの海に言い伝えられる神話があり、それを信じる子どもがいた。そんなの作り話だよと笑われた少年は家出して長時間歩いて伝説の岬へ向かうのだった。この時間、あのひとは現れるはずだ、どこかに舞い降りているはずなのだ。このあたりに、、あ、!?少年は言葉を失う。勇気を出して声をかける。「あの、あなたですよね…きっとあなたですよね?」に振り返った時の写真かよ〜w
・海・金髪・神ってこれ菅田将暉派とゆっきゅん派に別れるのでは…?
・民主を導く勝利の女神?ジグソーパズル化っていくらでできる?
・SURREALのMV…?
・空と太陽と俺と海がひとつになってる…?
・地球?
・ただの美人

過言だよ!

(ハルヒちゃんの写真少し届いた)
f:id:temee:20160810132100j:image
f:id:temee:20160810132120j:image


お疲れ様〜でそのままぴろよ邸で八丈島装飾のためのキルトの仕上げ作業を手伝う。すごいよ、マジックミラーみたいなブラックホール。一部からは邪悪なもやが可視化されてるのかってくらい出てる。ここに大森さんが立つって、私たち、耐えられるかな。

f:id:temee:20160810091834j:image

キルト完成して、公園でおにぎり食べて肉食べてアイス食べて、積極的に夏の思い出作っていってるなと思った。もうみんな大人だけど。



ハルヒちゃんが撮ってくれた方の写真少し届いた♡


おわり