読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分

ゆっきゅんオフィシャルブログだよ

夢じゃなかったこと

 

今日も明日も自分語り、いっくよー!

 

 

昨年の夏から秋。好きな俳優の人やアイドルに会いに行くときは決まってラブレターのワンポイントモチーフがついた白い靴下を履くようにしていた。僕は足の指の毒素が人一倍みなぎっているらしく、2回着用したくらいで靴下が破けたので現場に行く前にその靴下を買った。だから5足くらいはある。昨日、久しぶりにその店に入った。何を買うつもりでもなくふらふらして、靴下のコーナーにたどり着き、ラブレターの靴下を探したらもうどこにも置いてなかった。あの頃の僕ももうどこにもいなくて、時は流れたのだなあっという間に。

 

f:id:temee:20160210031950j:plain

ゆっきゅん屋さん

↑通販ここです↑

 

さて同時期昨年の下半期に何をしていたかというと、それは写真集「夢じゃない」の制作それが全て。こんなことは今までになかった。僕はきっとすごいものを作らないといけないのだという傲慢な使命感、 この溢れ出る感情と揺れ動く自分それでも揺るがない自分のひとつひとつを丁寧に見つめてあげて何か作品に昇華しないとどうにも生きてはゆかれないのだという確信に突き動かされてあっという間。確かに戦っていた、走っていた、そして進んでいった。僕は嘘がつけないから顔に全部出ていて、強すぎる。なんでロリータのフリフリを着てお前はそんなに死闘のような表情しかできないんだよと今なら笑えるけど泣きそうにもなる。笑えるほどに必死だった。どの写真も僕の人生だし、時間ないしお金ないいけど妥協できない。がんばったねって言いたい。よく乗り越えたねって言いたい。僕はやっと今、一瞬だけ自分を自分で抱きしめてあげたいと思える。

 

協力してくれたみんなのおかげでなんとか間に合って写真集ができて、展示の準備ができて、サイコーだなとは思っていたけど それでも不安だった。これが自己満足だったらどうしようと思った。誰にも愛を残せないものだったなら死にたいと思った。そして初日から想定以上にお客さんが来てくれた。楽しみにしてくれていた人、はじめて来てくれた人、友達の付き添いできてくれた人、たまたまDMを見つけてきてくれた人、一人ひとりがうれしかった。

 

みなさまの感想をまとめました、置いてたノートに書いてくれたひともありがとう

t.co

 

ゆっきゅんのことを見てくれて、何か感じてくれるひとというのはみんな真面目に生きているひとで、どこかでなにかに傷ついている人ばかりだった。真面目に生きてると屈折しちゃうよね、傷ついちゃうよね。僕は「自分が救えるひとがきっとどこかにいる」と根拠のないことを信じて活動してきたけど、たしかにいた。自分が救える人が存在していて、僕が抱きしめてあげない人たちがいる。確信になった。

 

しかもそれは男女関係ないことだった。思っていたよりも男性が来てくれた。男性の友人はほとんどいないし、いつも来てくれる男の子は一人だけ(ありがとう)なのだけど、はじめて来てくれる男の子がたくさんいた。「ゆっきゅんさん尊敬しています」と言ってくれた。ある面では男女関係ないと思っているけど、ある面ではまだ男女にこだわらないといけないといけない。ロリータを着て、ドレスを着て、自分を男子と言い張ること。受け入れるとか受け入れないとか認めるとか認めないとかそんな上から目線で見られるのはご免だし、正々堂々これが自分なんで、どう思われたっていい。でも写真集制作中に特に誰に見てもらいたいかと考えたとき思い浮かんだのは男性だった。弱い考えだけど、こんな自分が男性であることを男性に肯定してもらいたいと思った。だから、来てくれた男の子が自分を男性として見てくれたのが本当にうれしかった。「あ、いいんだ」って思わせる側の自分が「あ、いいんだ泣」って思えたんです。。

 

(このあたりの性自認についてはどんどん変わっていくと思うのであくまで今の気持ちとして捉えてくださいね)

 

そんなこともあって少年アヤさんに帯をお願いしていました。

www.amazon.co.jp

少年アヤさんは僕が高3のとき、アヤさんがオカマを自称(自傷)していた頃からブログを一方的に読んでいてファンだった。自分と戦いつづける自分を書きつづけていて、その文章を読むのはつらいときもあるのだけど、勇気をもらっていたのでした。アヤさんは以前アイドルや俳優に入れ込んでいた過去があり、僕は昨年初夏にそのスタートラインに立った。「なりたい」なんだよねわかる。。。そのころ「少年アヤちゃん焦心日記」を読み直したことが、「夢じゃない」を作るきっかけにもなった。どんなに地獄でも僕も自分と正面から向き合わないといけないという決意につながって、写真集を作ることにした。そんなアヤさんに書いてもらった帯がこれです。(大好きだけど恥ずかしくてあんま言えないからお仕事としてお願いしてラブレター書いてください♡と思ったの)

f:id:temee:20160210030404j:plain

―――――――――――

 

夢だと笑うひとに、このうつつは見えまい

 

滑稽なほどうつくしい写真に、

夢のようだと見とれた人から、

この現実に置いていかれる。
それは惜しいことだ。
ぜったいに着いていかなくてはいけない。
僕たちも全力で、ゆっきゅんに。

 

―――――――――――

 

アヤさんが僕にDMをくれたことがあった。モンスターカフェでのお客様からの心ない質問にいちいち傷つく僕に「どうか負けないで。負けないことに価値があるから。」と言ってくれた。アヤさんは一度オカマを自称して傷ついた経験があり、僕のことを「オカマと言わなかった自分」と思ってくれている。1人の戦いじゃないんだ。絶対に負けてはいられないと、強く思いました。自分がこうして生きていることを現実として見せていく、それが僕の、自分との戦いです。着いてきてね。

 

 

f:id:temee:20160210031817j:plain

 

展示が終わってからもう三か月くらいは経った体感なのだけど、まだほんの一月しか経っていないらしい。作りはじめから今までを数えても半年くらい。ラブレターソックスを買い始めて半年経ってわかるけど、あの頃すぐ穴が開いていたのはどう考えたって精神の現れです。心がボロボロダダダダギュンギュンで、足の指にまで毒素が行き届いていたってことだと思う。今、全然穴あかないし。どれもずいぶん前のことに思えるのは、進んでいるから。「夢じゃない」をスタートにして過去にして、どんどん進んでいく。救える人がいることに気付いたから。一生孤独でも、見てくれる人はいるから。

 

 

ゆっきゅん屋さん

 

ゆっきゅんはおわらない