読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分

ゆっきゅんオフィシャルブログだよ

2016-5-22くらい


あ、ブログの続きを書かなきゃと思いつつ、ツイキャスやろうと思いつつ、撮影、キャッシュカードを失くしてあたふた、速度制限開始、Windows勝手にアップグレードされた挙句インターネットに繋がらなくなる、などの言い訳によって特に何もできていないのだが、僕は今週21歳になるのだな。イベントなんて来てくださいと言われたから行くというものでもないし、ましてや自分の誕生日を祝いに来い(生まれて生きていることへの感謝を捧げに来い)とはなかなかいいづらいもの。誕生日は特に関係なく面白いイベントにするつもりなので来てくれるみなさんはお楽しみにね。あ、聖誕グッズは気合い入れて作ってもらったので物販は買ってください。


おとといはパルコのパーティーがあって、だいすきなh.t.maniac MENというブランド(天使とかフリルとかシャツだいたいここのだよ)を見たあと外に出たらショーをやっていて、友達が「あんなに小顔だったら人生楽しいだろうなあ」と言った。いや、どうだろう。小顔の人は「アーッ今日も顔が小さくて人生楽しい✨」となるだろうか。それはきっとエステ小顔矯正あるいはボトックスを注入したとかで、小顔に生まれた人ではなく小顔になった人にこそある感覚ではないだろうか。小顔の話だけじゃなくて、そういうのってあるよね。自分が持っているものと他人が持っているもの。



ああ、遅くなりました工藤ちゃん生誕ありがとう。詩のようなものを読んでみました
f:id:temee:20160523011332j:image

定義は知らないけど、詩っていうのは自分の気持ちを述べるってわけではないということがわかってきたから気が楽になった。自動筆記的な部分が大きいし、自分のことってわけじゃないし、ひとつの詩がひと思いのことじゃない。僕はやっぱり、やってみてからじゃないとわからないことばかりだなどの思う。

自分の歌の作詞がしたいという気持ちにようやくなってきた。今までは怖かった。しかしまあ浜崎あゆみつんくさんも秋元康大森靖子さんも小林愛さんもいるこの世で自分が何を書くんだよ、というのは本気で思うけど。




完全にやばい雨の夜 君と会おう
家の近くの、行ったことのない、思い出のない公園で何も思い出さずに踊るワルツ 
タコが見てる